茶蔵-sakura-

山形の郷土料理・だし

山形の郷土料理「だし」は山形県村山地域、置賜地域などで夏の定番料理。

野菜を生のまま手軽に食べられる夏のさっぱりメニュー。

山に囲まれ、夏は高温多湿で非常に暑さが厳しい村山地域を中心に食べられてきたといわれており
地元の人々の生活に今も定着している一品。

山形では、その暑さからか様々な冷やしメニューが他にも親しまれています。
冷たいラーメン、冷たい肉そば・・・などなど
そんな冷たいメニューでも家庭で手軽に楽しめるのが「山形のだし」です。

最近ではテレビ番組やSNSなどを通じ、他県でも人気があり
スーパーマーケットのお漬物コーナーにも置かれるようになっています。

暑さで食欲がなくなる時期に、きゅうりやなすなど水分を多く含む夏野菜と
青じそやみょうがなどのお好みの新鮮な野菜を刻んで和え、味付けしたのが「山形のだし」です。
各家庭により具材も変わります。

「山形だしの素」もきゅうりが1本あれば完成ですが、
なすや、ねぎ、しょうがなどお好みの具材を足してみるのもおすすめです。

山形だしの素 と 山形ばあちゃんのだしの素 とは

具材を細かく刻むのがめんどくさい。
そんな方や、山形の味の再現をしたい!という方にお勧めなのがこの「山形だしの素」です。

きゅうり1本だけご用意いただけば、味付けは山形で恒例のあの「日本一のいも煮会」でも
使用されている付属の味マルジュウ醤油が決めてくれます。

桑名園本店オリジナル商品

山形県鶴岡産のだだちゃ豆・北海道産の昆布
みょうが・おくら・青じそ・とうもろこしなど
6種類の乾燥具材をブレンド。

美味しい作り方

 

 

①ぬるま湯で具材を5分戻します。

②きゅうり1本を細かく刻みます。

③戻した具材と付属の醤油を混ぜ合わせます

 

\ 完成 /

 

1袋3~4人前
ご飯のお供・そうめんやひや麦・冷奴・前菜などでお楽しみいただけます。
お好みで なす・ねぎ・しょうがなどのお好みの具を加えて
ご家庭でアレンジもお楽しみ下さい。
フリーズドライなので常温保存が可能です。
たくさんの具材を集めずとも、1年中「だし」が味わえます
※「山形だしの素」と「山形ばあちゃんのだしの素」は
同一商品で、内容量の違いです。